ABOUT

ヤグチについて


ヤグチについて

株式会社ヤグチは 業務用市場において「メーカー様の販売代行」「お得意先様の購買代行」として 「品揃え・商品開発」「物流」「情報」のスペシャリストになるとともに 未来市場から選ばれる企業を目指します。

ASK 21 3ヵ年計画

Ⅰ営業力の強化

メーカー様の販売代行 お得意先様の購買代行の徹底(基軸:提案力 情報力 対応力の3つの力の推進)

  1. メーカー様との協働による提案力・情報力の強化
  2. 品揃えの充実による対応力
Ⅱ組織力の強化
  1. 自立した人間同士の成長と共生へのプロセスを基盤とした強い「チーム」の構築
  2. 「未来」に向けて志向する「全員参加型経営」の構築
Ⅲ機能価値の強化
  1. 営業力強化における「人的基盤の強化」
     ⇒ お得意先様・メーカー様・ヤグチ 心のネットワーク構築
  2. 効率化の追求による「情報基盤の強化」
     ⇒ お得意先様・メーカー様・ヤグチ 一体となった無駄の排除の推進
  3. 市場拡大に向けた「流通基盤の強化」
     ⇒ お得意先様・メーカー様・ヤグチ ユーザー対応力強化に向けての「場」の構築
Ⅳ財務体質の強化
  1. 「キャッシュフロー経営」
  2. アメーバ経営による「効率経営」信頼され 未来から選ばれるヤグチを目指します。

沿革

昭和20年 「矢口屋商会」を東京都港区愛宕町一丁目8番地に開業
昭和21年 港区三島町2番地に本社を新築移転。
昭和25年ごろ

前会長・萩原弥重の配送用愛車だったオート三輪(乗っているのは現会長・萩原美明)。
昭和26年 マルヤ印蔬菜缶詰が「農林省食品局長賞」を受賞。
昭和27年 法人組織に改組 「株式会社矢口屋商会」を設立。
昭和39年 本社社屋を東京都港区浜松町一丁目18番8号に建設 移転。
昭和40年 当社と有力業務用食品販売のお得意先様並びにメーカー様をもって「マルヤ会」を結成。

昭和40年(1965年)11月3日 「熱海起雲閣」にてマルヤ会の結成式が行われました。
昭和42年 「業務用食品販売促進協力会」を設立。

「まるや印」の缶詰。当時は缶詰そのものを店頭に置くことで 十分にディスプレイの役割を果たしました。
昭和45年 「料飲界新聞」を発刊。
昭和46年 「サンラインアロー協議会」を設立 ナショナル・ブランドとしてサンラインアロー・マーク製品を発売。
昭和50年 資本金を3,200万円に増資。商号を「矢口産業株式会社」に変更。
昭和53年 東京都港区海岸二丁目1番21号に本社を移転。
昭和55年 米穀取扱の認可を取得 関連会社「株式会社東浜」を設立。
昭和57年 マルヤ会 マルヤ促進会 料飲界新聞 真和などの業務を統合「矢口販売サービス株式会社」を設立。
昭和60年 創業40周年及び業容の拡大経営の多様化等に備え 現本社所在地に8階建ビルを新築移転。酒販部を新設。
昭和61年 マルヤ会結成20周年記念行事を行なう。
昭和63年 ますや新和株式会社を合併。商号を株式会社ヤグチに改める。資本金111,184千円となる。食品原材料開発・販売部門を新設。
ヤグチ第2ビル(中央区入船一丁目1番18号)に食材研究室を設置。
平成元年 本社隣接地(海岸二丁目1番22号)に土地140平方米・建物496平方米を取得 ヤグチ分室を設置。
今西商店を買収し関連会社株式会社山形ヤグチを設立。
平成 3年 大有株式会社の営業権を買収 業容の拡大を図る。
平成 7年 「ヤグチ創業50周年 マルヤ会結成30周年」記念行事を行なう。
平成10年 「業務用食品販売促進協力会」設立30周年記念行事を行なう。
関連会社「アスクフーズ株式会社」を設立。
平成15年 宝大味商事株式会社を買収。
平成22年 「第90回マルヤ会秋季見本市」を東京・池袋にて開催。

平成22年(2010年)11月 「第90回マルヤ会秋季見本市」を 池袋ワールドインポートマートで開催致しました。
平成27年 「ヤグチ創業70周年・マルヤ会結成50周年」記念行事を行う。

平成27年(2015年)11月5日「ロイヤルパークホテル」にて「70周年記念式典」が行われました。
平成28年 「第100回マルヤ会春季見本市」を東京・池袋にて開催。
平成30年 「原料事業部」を分社化。関連会社「株式会社Y-TEP」を設立。

平成28年3月12日「第100回マルヤ会春季見本市」を池袋ワールドインポートマートで開催致しました。
令和元年 日本食糧新聞社制定 「食品産業 平成貢献大賞」受賞。

ページトップに戻る▲ ページトップ